お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
小さな贈り物
a0000896_20401956.jpg昨日、眠気に負けそうになりながら家に着くと、小さな包が届いていました。
書籍を送るヨ。と、出発前に言って下さった先輩。時折小さな包みが届きます。
中には文庫本が1冊、または2冊。

届くのが嬉しくて、
のんびり、ゆっくりと読んでしまいます。

先日楽しく読んだのが、
村上春樹の「やがて悲しき外国語」。
著者がプリンストンに何年か客員教授として滞在したときのことを
つらつらと記したものですが、題にもある「やがて悲しき外国語」
「人生も40歳になると、語学に手をつけるとしても、
自分の中の残り時間をどうしても気にせざるを得ないなぁ」、という村上サンの呟きが、
すとん、と、心に響きました。

「そんなに何もかもはできない」
...自分の中の優先順位を考えながら挑戦することになるのかな、と書いています。
命短し...
今まで、何者かになろうとして「あれも、これも」という可能性をあちこち探していたけれど、
逆の発想をする歳に、いつかは到達するわけで。
優先順位をつけて、物事に力を入れるようになるのでしょう。
そのときに、「自分が何者か、何をしたいのか」、判っていないと困るなぁ...

今回は川上弘美。いつだったか、「蛇をふむ」を読んで以来、気になっていた作家さん。

お礼に、と、先日は小さなお料理の本を贈りました。
次は何を送ろう...やっぱりハリポタ?(←嫌がられる??)
それとも...?

---
「時差ボケ」投稿へのいろんなコメント、ありがとうございました!少しずつ良くなってきている...様な気がします。お日様とお食事、とっても大切なんですね。改めて実感!感謝♪
[PR]
by snow_ny | 2004-09-09 20:36 | [日] day-to-day
<< 外国語のコミュニケーション 時差ボケ考 >>