お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
バイバイって言わないで!
たっくん1歳4ヶ月。

この時期の子どもって不思議です。
お話はあまりできないのに、大人の言うことはよく分かっています。

例えば、、
一度二度読んだ新しい絵本でもよく覚えていて、
その絵本の一節を口ずさむと、はっとした顔をして、その絵本を持って来ます。
外出関連の言葉(おんも、お外、靴下、くっく。。。)は、
聞いたとたん小躍り。
また、自分の身体の部位が分かって来て、
「アタマは、鼻は、、、」という指差しもできるように。

聞いたところによると、
10〜15ヶ月くらいの子どもは既に、
300くらいの言葉を理解することができるそうです。

反面、アウトプットが着いて行かないので、
自分の意志がうまく伝えられず、癇癪を起こすこともしばしば。
やってほしいことは、大抵大人の手を引っ張って行って促すか、
「こえ〜?」といいながら指差すことで取ってもらうかどちらかなのですが、
それだけでは伝わらないことも多いようです。

男の子だからか、個性か、今の自発語は数えるほど、という感じ。
「ばー(バス)」、「ぶー(自動車)」、「こえ?(これ(取って))」、「いない」、「いた」、「ぱー(おっぱい)」
後は、宇宙語全開です(笑)


さてさて、本題。「バイバイって言わないで!」
です。

たっくん、いろいろと大人の真似をするようになってきました。
手遊び歌では手を動かしたり、
こんにちは、いただきますなどのぺこりとしたお辞儀など、
少しずつ大人の動作をまねているのですが、

いつも耳にする「バイバイ」だけは何度教えてもしてくれません。

「こんにちは」と同じくらい目にする機会の多い「バイバイ」。
お父さんが朝、お出かけするときも「バイバイ」
街で知らない大人の人に話しかけられても、最後には「バイバイ」
他のお子さんにお会いしても、笑顔で手を振り振りする赤ちゃんって多いです。
なので、周囲の大人も、「バイバイ」くらいできるよね〜、という感じで
気軽に「バイバイ」って声かけしてくれることが多いです。

しかし、しかし。
たっくんは決まって、不思議そうに、あるいは怪訝な顔をして見つめるだけで、
決して真似をしようとしません。
お父さんやおばあちゃんなどの知っている人がバイバイすると、一人、あらぬ方向を見てしらんぷり。
これが結構不思議でした。



こういう時は、大好きな縫いぐるみさんを使って教えるに限る!と、思い立ち、
くまさん、ワニさんに登場願いました。

夜、一緒に遊んでいる時に、
くまさんが手を振って、「バイバイ〜」と、お母さんの陰に隠れて行きます。
ワニさんも手を振って、「バイバイ〜」

あれ、、たっくんの顔が、みるみる曇っていきました。
口はへの字に、きゅっとひき結ばれ、涙目になってます。

ちょっと驚いた母さんは、慌ててワニさんを後戻りさせ、たっくんの笑顔を取り戻したのですが、、
ひとしきりワニさんと遊んだ後に、再び「バイバイ」を試してしまいました。

手を振って「バイバイ〜」と後退させて行くと、
たっくんの顔がくしゃくしゃになり、「うわーん!」と、大泣き。


そうだったんだ、バイバイは悲しくてイヤだったのね。

もう少し前、朝、父さんがバイバイするたびに号泣していたのを思い出しました。
しばらくして泣かなくなったけど、
バイバイする父さんの顔を見ないようになったたっくん。

バイバイはまだ、覚えたくないようです。
[PR]
by snow_ny | 2010-10-18 23:29 | [日] day-to-day
<< たっくんの本棚 初めてのHappy Birth... >>