お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
Million Dollar Baby
Million Dollar Baby

a0000896_1474598.jpgGolden Globeで主演女優賞・監督賞を取った本作品
Academy Award7部門にノミネートされています。

第一印象。Clint Eastwood、年取ったなぁ...(笑)
あと、Hilary Swankの射るような眼差し、
鍛え抜かれた肉体が素敵です。

本質的な人の孤独を感じました。

「孤独に向き合い生きていくこと」とは、どういうことなのか。
自分の意思や努力に関わらず運命が暗転することを、どう受け止めればいいのだろうか。
絶望に突き落とされ、希望が見えないとき、人にできることは何なのだろうか...



↓↓
Maggie(Hilary Swank)は、とても意思的な瞳をもつ女性。
どんなときでも、自分の欲しいものが判っている自立的な人で、
意思を強く持ち、前進する姿が印象的です。
が、彼女の善意、彼女の努力は、悉く本質的な部分で裏切られてしまいます。

強い、けど、終始孤独である彼女。
トレーナーのFrankie(Clint Eastwood)との感情の交流は描かれ、
FrankieからMaggyへは、彼女の孤独に共感を寄せる感情が読み取れますが、
Maggyからの感情は、「師弟」の範を超えることはない、とても真摯な感情です。

"above all, always protect yourself(自分は自分が守らないとならない)"
...と、Frankie。
こんなに意思的に生きようとしている、善き市民である彼女が、
神に見放されるかのような運命をたどるのはとても皮肉です。
教会に通い続けるFrankie、Maggyの胸に光る十字架のペンダントによって、
神への疑問が呈されています。

映像美があるわけでもなく、
物語の筋にはちょっと弱いなぁと思うところもあり、全てに満足!ではないのですが
原作が伝えようとしていることの芯がはっきりしているから...?(←と勝手に感じた私。)
哀しく泣けてしまう映画でした。

[追記]オスカーでは...
*主演女優賞(ヒラリー・スワンク)
*助演男優賞(モーガン・フリーマン)
*監督賞(クリント・イーストウッド)
*作品賞
と、主要な賞を取ったこの映画。
友人たちの間では、「"best motion picture"を取るほどではないよネ~」という
意見が大半でしたが、「では、何が取るべき?」というと、一様に首を傾げてしまう
今年のオスカーでした。
やっぱりアメリカって敬虔なキリスト教国家なんでしょうかネ...

[PR]
by snow_ny | 2005-02-05 01:52 | [演] entertainment
<< The Gates ... 準備中 Bon Anniversaire! >>