お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
Day02_Napa Valley02 [Robert Mondavi]
a0000896_21372129.jpg
Robert Mondavi Winery

ワイナリーツアーに参加しました。

突然ですが、問題です。
ワイナリーのあちこちで、バラの花を見かけました...どうして、バラなのでしょうか?
a0000896_2230685.jpg




答えは、

ぶどうの樹の不調を、いちはやく知るため

大敵の病気や害虫に、早くかかるのが、バラの樹。
ぶどうの樹の列の中ほどにバラの樹を植えて、まずはバラの調子を見ます。
バラの調子が悪いのは、ぶどうも調子を崩すサイン。早めの対策です。

ワイナリーでは、一時間ほどかけて、ぶどうの樹や醸造工場を案内してくれました。
上記の小ネタも、ツアーのおじさんが教えてくれました。ふぅーん。

びっくりしたことは、、
ここ、Napa Valleyでは、
カリフォルニアのワインの2%しか生産していないのですが、
高級ワインの95%を生産している、ということです。

というのも、Napaの冷涼な気候が、おいしいワイン作りに丁度いいとのこと。
じっくり、ゆっくりと、ワイン作りに最適な糖度になるまで
ぶどうが熟すのを待って収穫することが美味しいワイン作りの秘訣の1つだそうですが、
多くのカリフォルニアの地域は比較的気温が高く、
「最適」なうちに、さっと収穫するのが難しいとのことでした。

そして最後にテイスティング。
薄いガラスの冷たさを通じて、
すうっと入ってくるワインとその香りを、少しずつ確かめながらいただきます。
飲みすぎに注意?!

※Robert Mondaviの写真を、絵葉書風に。。。
a0000896_22322913.jpg
 * 今年40周年だそうです。1966年開園。
 * 帰りに、1999年産のワインを買い求め、Yosemiteで頂き、楽しく酔っ払いました。
   彼と出会い、お友達になった年です。7年ものか~。
 * ワイナリーには花もたくさん。ぶどうも食べごろ(笑)
 * 醸造所にずらりと並ぶ樽。いい香りがしています。
   新しいワインのために、フランスで作った樽を輸入して使うのだとか。
   1年目は、重ねずにひとつずつ並べ、2年目以降は場所を変え、重ねて貯蔵。
   少しずつ、時を重ねていきます。

[PR]
by snow_ny | 2006-10-23 22:22 | [旅] travel [US]
<< 小さい秋 Day02_NAPA Vall... >>