お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
ただいま帰りました...写真拡大掲載中♪
a0000896_2494888.jpg曇り空のNYCに戻ってきました♪

初めてJFKに着いたときは、飛行機の窓から見えたマンハッタンが、天に向かって長く、長く伸びた剣山のようで、とても印象的だったのだけど、今日はずいぶん低く降りるまで雲、雲、雲。

それにしても、長かった!!
東京-NY間、って、今あるノンストップの飛行路で最も長い部類に入るのだそうです。
 ⇒...といっても、近々シンガポール-NY(18時間!)が就航するのだそうですが。

マンハッタンに向かうEラインに乗ったとき、
乗り心地の悪い冷え冷えの椅子とガタガタゆれる車体、地下鉄のすごい轟音に、
「あー、帰ってきたなぁ」って実感しました。
(逆に、京成線のふかふかのソファ、滑るような乗り心地に、「東京」を実感...!)

---
往復で、映画7本見てしまいました(^_^;)
行きに「シュレック2(浜ちゃんの吹き替えもチェック)」、「Day After Tomorrow」、「Stand by Me」、「名前忘れ(NYCの離婚弁護士のラブコメディ)」
今日は「ハリポタ3」、「TROY」と「CASSHERN」。



両作品とも、憎悪が憎悪を呼ぶ殺戮の連鎖が大きな主題になっていて、
テロ・地域紛争の耐えない現在と重ね併せて切なくなってしまいました。
 *憎悪に駆られて相手に復讐しても、心に空いた穴がふさがるわけではない
 *戦いで人が死なずにすむ世界をどうやったら実現できるのか
 *違う価値観を持つ人の存在を、容認することがどうしてできないのか
 *一方の「正義」に依拠した平和は、本当に「平和」たりえるのだろうか...

なんてメッセージが両作品から読み取れるのですが、
古代ギリシャの時代から、近未来(!?)まで続く問いへの答えは、作品中にありません。
現実世界でも、答えは...どこにあるのでしょう。

一般論として、「憎悪の連鎖で殺しあうだけでは、何も進まない」ということはわかるけど、
自分自身の家族が、兄弟が...となると、そんな風に考えられないような気がします。
それだけではなく、利権やイデオロギーの違いも話を複雑にしてしまうことが...
国連のツアーガイドの女性が、血で血を洗うような民族紛争、宗教紛争が絶えず、
経済発展もままならない地域が多くあるのだと、悲しい目をして説明してくれました。

どうしたらいいのでしょう。何ができるのでしょう...祈ることしかできないのでしょうか。
どうか、この世界が平和で、悲しいことや殺し合い、貧困から逃れことができますように..

と祈りながら、NYCに戻ってきました。

NYCは、「いつもどおり」のようです。
いろんな人が、いろんなペースでそれぞれの一日を送っている姿に出会えます。
...久方ぶりにロゴを「IMGAINE」に戻してみました。

IMAGINE [04/10/2004]

a0000896_2015878.jpg

Jyoh75さんのリクエスト(!)にお答えして、大きなサイズの写真を載せてみました!ニューヨークから成田に向かう間、ちょうどアンカレジの近くの氷河です。涼しそう!!!
[PR]
by snow_ny | 2004-09-06 02:46 | [日] day-to-day
<< 夏過ぎて A Good Wedding ... >>