お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
カテゴリ:[雪] snow :)( 27 )
雨の季節
昔は春が好きだった

とても寒がりな私。
東京で零下だったら、まちがいなく家(コタツ)を選ぶけど、
山にいると、気温も関係なく滑りまくってしまうのでしたΨ( `∀´)Ψ
ちなみに今シーズン行ったスキー場は、マイナス20度。
アイスバーンは辛いけど、結構いい雪が楽しめます。

今週末、近くのスキー場に行こうと思っていたのだけど、「雨」らしいと知って、断念(泣)このまま、春になっちゃったら、どうしよう、、(>_<)
ザウスもない今、夏はけっこう長いのだ。
[PR]
by snow_ny | 2004-02-22 16:19 | [雪] snow :)
2004年2月7日(土):ハンターマウンテン
日帰りで、ハンターマウンテンに、日本人・フランス人の友達と行ってきた。
、といっても、那須にあるのじゃなくて、NY州にあるやつ。

バスは、アッパーウエストのスノボ屋から。
バス往復にリフト代、朝御飯(ベーグル)がついて62ドル。
結構お得なんじゃないかと思う。2時間程度で着いてしまうし。

2月初旬からこんなコンディションでいいのか?と思うほど悲惨な日でしたが、近郊スキー場としては、こんなものか、という感じ。東京住まいの方が、よほどスキー場(日帰り)の選択肢があっていいなぁと思いました。

【全般】
標高500-1000mくらいの小さいスキー場だが、日帰り圏では大きな方。
大きさなどは、神立?位だが、神立の方が余程できたスキー場。
ゲレンデ上部は、上級者コースばかり。
眺めの良い幅広の中斜面、コブのできる中斜面がある一方、巾の狭い、ガリガリのアイスバーンも沢山(>_<)

【コンディション】今日の問題は、、コンディション。
昨日、山も雨だったらしく、最悪。
水を吸って重くなった雪が、そのまま固まっていて、icyかつ不整地。

【滑り】アイスバーンで、エッジが利きづらく、辛い。
重い雪の不整地は、足が疲れる!と、不満が先に立つ滑り。
ガリガリのアイスバーンをどう滑れば良いか。。ずらせないから適度に制御するしかないのだが、きちんと抑え続けられない、というのは明らかなパワー不足だろうか。
そんな中、右脚の足裏感覚が、なぜかよく掴めた。

【それから、、】レンタルの質悪し。ブーツは持って行こうと思った。

[PR]
by snow_ny | 2004-02-08 13:09 | [雪] snow :)
そして、さらにお師匠さま
今、所属しているスキークラブの師匠は、生涯スポーツ!を絵に書いたような、お師匠さまです。

もう、老境の域に達する戦中派ですが、スキーの腕は、だれよりも確かで、口の悪さも天下一品。それこそ、朝イチから、夕方までみっちり、基礎の基礎をやらされ、くたくたになってしまうのですが、基本に忠実であればあるほど、しっかり滑れるものだと実感します。

普段遊びに行っているときは、嫌いな斜面は、あくまで「苦手」で終わってしまうのですが、お師匠サマに怒られたり、おだてられたりして滑っていると、なぜか集中して滑りきれて終うのが、不思議。。。
[PR]
by snow_ny | 2004-02-04 13:19 | [雪] snow :)
続・師匠たち
湯沢での経験は強烈だったのですが、その後、スキーから足が遠のいた私。
そんな私を、久しぶりに雪山に連れて行ってくれたのは、私の悪友(?)たちでした。最初はザウス。3年ぶりに滑ったら、、曲がれない(+_+)で、壁にぶつかった私。すごく口惜しくて、その後の精進を誓ってしまった。。。
みんな、スキーが大好きで、しかも教え好きと来ているので、きちんと滑れるようになるまで、本当に御世話になりました。私がめげずに、楽しく滑り続けてこられたのは、友達の存在あってこそだと思います。

それにしても、悪友たちとの最初の山(天神平)は強烈!でした。着くなり、ブルーシートをリフトの下に引き、食物を全部放った友達。おなかが空いたら、凍ったパンでも食べてね、という趣向。確かに1日ご飯を食べる間も惜しんで滑り続けたのですが、あまりの大胆さに唖然とし、これから毎回こうだったらどうしよう、、と不安になったスキーでした。
幸い、雪に埋まったパンを食べたのはこれっきりですし、悪友たちもオトナになったのか、最近はまともにお昼を食べています。毎週、車にスキーをつんでは、水上、湯沢方面へと足を運んでいました。

最近も、友人たちは、せっせとスキー場に足を運んでいるようです。一緒に行けないのが残念。最近は、奥さんたちも増えて、入れ代わり立ち替わり、10人以上の人が参加しているのでは?「病」入っている位、スキーが好きで、スキーの話題になるとメールが止まらない、我が友人たちが大好きです。
[PR]
by snow_ny | 2004-02-04 13:06 | [雪] snow :)
師匠たち
いつから基礎スキーにはまり込んだのでしょうか?
今思うと、大切な「師匠(笑)たち」との出会いがあったからこそ、です。

--初めて、滑る楽しさを知ったのは、大学時代に湯沢に行ったとき。
たらたらと、後をついて滑ろうとしたら、当時の相棒に言われた一言。
「そんな滑り方をするもんじゃないッ!」
そんなー、そんなー!楽しみに来ているんだから、なんだっていいジャン!といったのだが、聞き入れられず、なぜか、ボーゲンからみっちり教え込まれる私。相棒の指導にも熱が入るし、負けず嫌いの私も、ついつい応じてしまう。
そんな1日の最後、カフェテリアを見下ろす一枚バーンを、相棒に向かってすべり降りた時の爽快感が忘れられない。今思うと、真っ直ぐな長い板で、「カービングターン」が初めてできた瞬間だったのだ。

板で斜面を切り、体で風を感じてすべり降りる感覚。この感覚を、もう一度味わいたい、と思ったのが、後々スキーに興味を感じるきっかけになったのだと思います。
[PR]
by snow_ny | 2004-02-04 12:50 | [雪] snow :)
スキーについて
のんびり書こうかな、と思った。とてもスキーが好き。本気でスキーを初めてから4シーズン目。基礎スキーを中心に、最近はコブ(BUMP)に挑戦しています。

初めてスキーに行ったのは、小学校6年生の頃。尾瀬戸倉に行ったのだけど、ゴーグルを無くしたことしか覚えていません。その次は、確か、、高校生。石打丸山のリフトを降りたあと3ターンで、何と前向きに転倒。左足首を捻挫して、残りの日々は、ひたすら旅館でビデオを見ていた、、、(T_T)

こう書くと、スキー人生の最初は、あまり良くなかったような。
でも、この後も、高校での合宿にいったり、大学のサークルの「スキーにも行こうよ」的な企画とかで、何だかんだと楽しんでいたような気がします。きりっと寒い山に、みんなで行って、スポーツすること、そして夜のお喋りとか、楽しい要素は結構ありますよね。
[PR]
by snow_ny | 2004-02-03 09:24 | [雪] snow :)
スキー@Vermont
先週末、バーモント州までスキーに行った。片道6時間のlong trip。東海岸は、大きなスキー場が無いので、そこまでがんばって行っても、日本のスキー場と、雰囲気が変わらないのが残念。。

お天気も良く、そして、寒い(+_+)
雪もよく、そして、固い、、

けど、堪能しました。久しぶりのスキー。大きな斜面が多く、思い切りカービングターンをしても、誰もいないので、スピードと爽快感が楽しめます。斜面は固いけど、icyというほどではなく、よくしまったいい雪でした。

コブ斜にも挑戦。これも、丁度いい雪で、なんとなくコブのタイミングがつかめたような気がしました。

どうでもいいことだけど、「バーモント」って、ハウスのカレーの、あのバーモントだよねぇ。だけど、スキー場のロッジにカレーは無かった。。スキーといえばカレー!なのになぁ。。
Sugarbush
【全般】2つの山がつながった形の大き目のスキー場。
それぞれのピークは、中腹にあるシングルリフト(片道15分!)で接続。

【コンディション】低温(-30度)のため、雪は良い。
一部icyな斜面あり。圧雪はされているが、ねじれたバーンや不整地多目。

【滑り】人が少ないので、大き目のカービングターンの練習ができる。
斜度が切り替わったりねじれていたり、やや不整地気味だったりするので、
バランス感覚を養うにはちょうどいい?

【それから、、】レンタルの質は良かった。
フランス人はスキーが上手。やっぱり国内にアルプスがあるからか?

[PR]
by snow_ny | 2004-02-03 09:22 | [雪] snow :)