お散歩、独り言など、思いつくままに、、 ♪>゜))))彡
by snow_ny
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ☆紐育 & 東京☆

   Click for New York, New York Forecast
  Click for Tokyo, Japan Forecast
   [縫] American Quilt
カテゴリ:etc...( 29 )
ブログの海
excite ブログの分析。
魚へんにブルーさんとマグロくんたちが泳ぎまわって集めたブログの分析です。
こんなことができちゃうなんて!とビックリしました。

大雑把に言って、登録ブログの1/4位が、実際に稼動しているようです。
リンク数ランキングの他に、更新回数ランキングも載っています。
、、びっくり。私がリンクさせてもらっているブログのほか、当ブログも載っていました。
つれづれなるままの雑文を読んで下さる方々に、改めて感謝感激デス... (^_-)-☆

sakanablueさんの分析結果を出発点に、ブログ巡りの旅に出てみては如何ですか☆
[PR]
by snow_ny | 2004-04-19 02:24 | etc...
つながり
「『距離』って、なかなかあなどれないものよ。」
、と、友人が言う。 彼女は、中国の放送局の役員を夫に持つ、中国人。
夫は中国で仕事をし、彼女はこちらに来て、メディアなどの勉強をしているのだ。

- どうして?
メディア企業の先端を行く2人。その彼女の一言にちょっとびっくり。
この時代、インターネットにどこからでもつなげることができるし、電話も安い。
たまに、旦那サマからはメッセージビデオも届くという彼女。
通信・メディアをフル活用し、自分達の望むコミュニケーションをとってるように見えるけど。

「そう。便利だけど、それに甘えて本当に起こっていることを想像しようとしなくなることが怖いの」
、、なるほど。近くにいるのとは違い、遠くにあって、つながりを保つことは難しい。
昔は昔で大変だったけど、今は今で大変だ、と言いたいのだろう。
連絡がなければ、「メールくらい簡単なのに、何故?」と思ってしまったり、
話したら話したで、「私達は、全て判り合えている」と感じてしまうことがあるのだそうだ。
電話の声が明るくても、相手が忙しい生活を送っているのかもしれないのに、
相手の目を見て話したら、その言葉の奧にある感状が透けて見えるかもしれないのに、、
距離があると、そんなアナログなシグナルに気づかない。それが時に辛いと彼女は言う。

なるほどなー。
メディアが発達した今、「本当のこと」を探すのって、以外に難しくなっているみたいです。
彼女の話。個人間のコミュニケーションについては勿論ですが、今日、世界情勢を正しく知ることの難しさについても当てはまるのではないかなぁと個人的に思っています。

なんで今日、こんなことを書いているかというと...
[PR]
by snow_ny | 2004-04-14 04:37 | etc...
ハトにバスを運転させないでね!
a0000896_12645.jpg男の子って!
子供って、好奇心が強いですよね。
なんでもやってみないと気がすまないので、
「だめ、だめ!」と言っても簡単には引き下がりません。
そんな子供心をとらえた絵本をご紹介します。
Don't Let the Pigeon Drive the Bus!

作者はMo Williams:Brooklyn在住のillustlator。
過去Sesame Streetの脚本を手がけたこともあり、
この絵本で、「Caldecott Honor」という賞を受賞しています。

物語は、バスの運転手が読み手の子供に、
「出かけてる間、バスをしっかり見張っておいてね。特にハトにバスを運転させないで!」
とお願いするところから始まります。

どこからともなく現れたハトくん、読者に向かって、
「お願い~」、「ちょっとだけ!」、「気をつけるから♪」などと、
色んな言葉で、「バスを運転させて」と、おねだりを繰り返します。
説得がうまく行かないと知るや、、、キーッ! ジタバタ!!!

その姿、読者である子供にそっくりなのですが(笑)
当の子供は「だめ、だめ!」と制止する役割に回る、という仕掛け。
面白いアイデアに、シンプルな絵柄。ハトくんの表情が可愛らしくてたまりません。

誰かにあげようと思ったのですが、このセリフ、気の利いた日本語にならないかしら?
邦訳が出たらいいのになぁと思ってしまいます。
[PR]
by snow_ny | 2004-04-07 11:58 | etc...
Macintosh
a0000896_05938.jpgのi-pod miniが届いていました。
これで音楽が聞ける、と、少し喜んでいます。

CDプレーヤーは重くて大きいので、携帯MDプレーヤーを持ってきたのですが、
 ①すぐに壊れてしまい、何も聞けなくなった、上に、
 ②アメリカでは全くはやっていない代物で、カセットすら見つけにくい、という状況でした。

ジムでもCDプレーヤーを片手で掴んで走るアメリカ人が多いのを見ると、
 ①MDの携帯性は、大柄なアメリカ人には魅力と写らず、
 ②編集可能なところは、大雑把なアメリカ人には「面倒」と思われたのでしょうか(笑)
どうやらCDから一足飛びに、MP3プレーヤーに移行してしまったらしいのです。

さて、このi-pod mini。携帯電話なみに小さく、パッケージから、本体の大きさから、マックのデザイン性の高さを感じさせられます。
ふと、大学の頃、初めてマックを買ったときのことを思い出しました。

「かわいいから」という理由だけで、初めて買ったコンピューター。
コンピューターで何ができるかも知らずに買った私のことを、「豚に真珠ダ」と、友人は言いましたが、実際、マックは可愛く、パソコンオンチな私でも楽しくお付き合いができました。
仕事をするようになって、ウインドウズに乗り替えてしまいましたが、未だに「次のコンピューターはマックにしたいなぁ」なんて、考えます。
マイクロソフトも、携帯音楽プレーヤーの発売を予定しているそうですが、せめてipodくらいは、と、思うのは、元マックユーザーの言い訳でしょうか、、
[PR]
by snow_ny | 2004-03-19 01:00 | etc...
クッション
a0000896_12133660.jpgレポートほぼ完成。ふと睡魔におそわれ、クッションを抱いてうとうと。。

小さい部屋を大きく使いたい!という思いから、土足厳禁&床に座る生活をしている。
小さめのカーペットをひき、クッションをいくつか転がして、好きなように寝そべったりちゃぶ台にかじり付いて勉強したり、、
(ちゃぶ台がどこにもないので、IKEAで買ったコーヒーテーブルの足を短く切ってしまった。)
クッションは殆どが母の作品。
この1つだけが、私の最初・かつ唯一の作品だったりします(^ー^*)
[PR]
by snow_ny | 2004-03-09 14:50 | etc...
春の便り
祖母からの手紙。
今年90になる祖母は、ちょくちょく手紙を送ってくれる。
山はまだまだ寒いけど、福寿草がたくさん咲いていて、美しいと書き送ってくれた。
うわー、懐かしい、福寿草。

日本にいたときは、季節を告げる草花が多かった。
モクレン、こぶし、梅、桃、たんぽぽ、沈丁花、桜、、、
花を見つけるたびに、少しずつ、春の訪れを実感していたのだと思う。

NYでは、、それがあまり見かけない。
冬になると、校内の木は黒い枝だけになってしまうのだけど、
春になっても、まったく変化がないのだ。花壇も、花の咲く低木もない。
花屋の店先のチューリップやヒヤシンスを見て、春の花だなぁと思うくらい。

だから、最近暖かくても、一足飛びに春が来たようで、実感が湧かないのかしら。
[PR]
by snow_ny | 2004-03-03 12:23 | etc...
続:バレンタイン
韓国のバレンタインデーは、日本と似ているようだ。
1ヵ月後の3月14日には「ホワイトデー」まであって、本当にそっくり。
(韓国の小売業者が、日本のホワイトデーを持ち込んだそうだ)

だが、違うところが1つ。「ブラックデー」だ。
ホワイトデーから更に1月。
4月14日だというが、何の日か聞いて、思わずニヤリ。
3月、4月の恩恵にあずかることの無かったシングルの人が、
共に不幸を嘆くために(?)、連れ立って「黒いもの」を食べに行く日なのだそうだ。
黒いラーメンなどが一般的らしい。なかなか自虐的!!?
[PR]
by snow_ny | 2004-02-12 05:37 | etc...
牛丼中止に立腹
a0000896_11441974.jpg【写真はタイムズスクエアの吉野家】
Yahooで日本のニュースを見ていたら、「牛丼中止に立腹、暴れて逮捕」が。

その人、ほんとに牛丼が好きだったのかなー。
99%を米国産牛肉に頼る、吉野家の戦略も極端だ。牛丼の無い吉野家って、想像し難い。
4チェーンも牛丼を中止し、それが大きなニュースになるほどに、アメリカの狂牛病の影響は大きいように思える。

振り返って、こちらは、というと、、
不思議と、日本が騒ぐほど、騒ぎになっていない。
相変わらず、牛肉は売っている。原産地表示無しで。(おそらく米国産)
そして、人々の日常は、大して変わったように見えないのだ。
メディアが、それほど騒がないからか?
それとも、牛肉が店頭から消えたら、大食漢のアメリカ人が立腹して暴れるからか、、?

そういえば、アメリカは「ORGANIC」であるか無いかで価値は随分違うのだが、
原産地をきちんと表示していないものが多いと気づいた。
あまり、気にしないのかな。

[2004/02/10]
[PR]
by snow_ny | 2004-02-11 13:40 | etc...
Valentine's Day
カフェから戻る帰り道、友達と話していて気づいたこと。
バレンタインデーの過ごし方がまるで違う!

なんとなく、日本のように、必ずしも女性がプレゼントを贈る日ではない、と思っていたのだが、女性が贈る側になることは「ありえない」そうだ。

女性があげるものといえば、お礼の言葉と、お礼のグリーティングカード。
男性が上げるのは、赤いバラの花束と、心からのギフト。
友達が言うには、どこのスーパーでも売っている、12本の花束(15$程度)が、バレンタインデー直前に限って、ちょっと洒落たラッピングで50$前後に値上がりするのだそうだ。本当かな。観察してみよう。
確かに、言われてみれば、バレンタインギフトをおいてあるのは「BODY SHOP」など、女の子ウケしそうなお店だったりする。

ちなみに、「義理チョコ」なるものは、無いのだそうだ。確かに日本的かも。
友達にちょっとしたギフトを配るってあり?ときいたら「so weird!」と一蹴されてしまった。。

いいなぁー、アメリカ。バレンタインデーに限っては、アメリカに住みたい(友達は、日本に住みたがっていました)

[2004/02/10]
[PR]
by snow_ny | 2004-02-11 12:59 | etc...